決済代行ってこんなに種類がある カード、コンビニ、電子マネー等

種類が多くなってきた決済方法

インターネット通販では以前から代引きや銀行振込のような決済方法が用いられてきました。代引きでは確実に届け先にいて支払いを済ませる必要がありますし、銀行振込は取り扱いの時間内に出向く必要がありました。近年では、それに加えてクレジットカード、電子マネー、コンビニエンスストアでの決済ができるようになり、決済の選択肢が増えてきました。 購入者にとっては、自分に都合の良い決済方法を選べるので便利になります。クレジットカードや電子マネーは決済手数料がかからないことが多いです。クレジットカードでは個人情報を入力したり、電子マネー決済用のカードリーダーを用意する必要がありますが、夜遅い時間でも決済できますし、出向かなくてもその場で利用できます。コンビニエンスストアでの振替や機械を使った決済も手数料が低めに抑えられ、利用しやすくなっています。

  

他種類の決済に対応するために

一方、販売する側では、決済手段を多くすることで、多くの顧客を取り込むことができますが、クレジットカード会社、電子マネーを扱う会社、コンビニエンスストアとの決済に関する契約が、各社ごとに必要になります。また、請求日や締め日、入金日も各社によってまちまちになりますし、システムを導入するにもそれぞれのものを入れなくてはなりません。 そのような煩雑な事務処理に対応するために、決済代行サービス会社を利用するといいでしょう。決済代行の契約を結ぶことで、複数の決済を1つにまとめられます。複数社との申込手続きや契約も代行してもらえますし、決済の管理も1つのシステムできます。売上の照合や入金の経理業務もまとめられるので、その都度帳簿記入を行わないで済みます。