決済代行で入金一本化、経理の手間削減

決済代行を使うメリットとは

ネットショッピングの際、どんな決済方法で購入するかはそのショップが提示している使用可能な決済方法から選ばなければなりません。 ここでお客様が使用したかった決済方法がないと、他のショップで買うことにしてせっかくの売り上げのチャンスを逃がす可能性があります。 でも大手のショッピングモールなどに出店せず、独立したショッピングサイトを立ち上げた場合、商品を販売する際の決済のための契約や入出金管理はすべて自分たちで行わなければなりません。例えばクレジットカード決済はこのカード、コンビニ払いはこの会社、というように、複数の会社と契約し、締め日の度に金額を照合し、入金確認をするという手間がでてきてしまい、経理の仕事は膨大になります。

  

決済代行で管理を楽にできる!

そこでとても助かるのが「決済代行」です。決済代行業者に依頼すれば、取り扱いのある決済方法から選んで契約するだけで、その支払い方法すべてを決済代行の会社が行ってくれます。つまり、たくさんの会社からの入金や明細を一本化できるのです。お客様がどの決済方法で購入しても、入金等は決済代行の会社からくるため、経理の手間は大幅に削減できます。独自にECサイトを立ち上げる場合、サイトを構築するためにオープンソースのショッピングカートシステムなどを使用する場合が多いですが、決済代行会社はそのシステムに応じたモジュールなども開発していることが多く、クレジットカードやコンビニ払いなどの決済システムも簡単に導入できます。 独自のショッピングサイトを立ち上げる際、決済方法の導入で悩んだら決済代行への依頼も検討してみましょう。