決済代行のコストについて

決済代行会社にかかる料金体系

決済代行サービスは、クレジットカードなどの決済を一元化してまとめるため、手間や総合的な開発コストを省くことがかのうですが、決済代行サービス会社へのコストが発生します。決済代行の利用料金は、初期費用や月額固定費、処理手数料、カード料率などのコストがかかります。まとめて代行できるからといっても、業種や業態、取り扱う商材や販売量など業者ごとに異なるため利用料金を容易に比較できるものではありません。 またカード料率は、決済代行会社ではなくカード会社ごとに決められる場合もあり、料金の目安を一定であると断言できないことも頭の隅に入れておく必要があります。決済代行会社によっては、初期費用や月額費用、処理手数料などが0円のところもありますが、カード料率などを高めにし、サポートや機能面での制約、加盟店の審査が厳しいなどがあります。

  

利用料金をシンプルに比較する方法

余分なコストをかけないためにも利用料金をシンプルに判別し導入する方法があります。単純に資料請求をして、文字通りの料金体系で算出するだけでなく、実際に電話で問い合わせてみましょう。サポート体制がしっかり整っている決済代行サービス会社であれば、ビジネスモデルに合わせた決済プランを提案してくれるはずだからです。 手庵された決済サービスの内容や見積もりを複数の決済代行会社で比較すれば、コストを意識して大きな失敗を回避することが可能です。特に決済処理ごとに加算される費用がいくらで、毎月の販売量からどのくらい発生するか把握しておきましょう。1件ごとに数十円や5から10パーセントくらいの負担が相場です。また与信料と呼ばれる、カードの与信額を確認する処理の手数料にも、1件15円から25円発生するため、相場以上になっていないかチェックしましょう。